2010年05月26日

口蹄疫のワクチン接種方針「変えない」=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、政府が決めた家畜の殺処分を前提とする口蹄(こうてい)疫のワクチン接種方針に、一部農家が反発していることについて「対処方針は変えるつもりはない。農家の皆さんにはつらい話だと思うが、感染をこれ以上拡大させないために決めた話だ」と述べ、理解を求めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
子牛取引が急減=価格上昇懸念強まる
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で
農水副大臣、補償案を宮崎知事に提示=養豚農家はワクチン接種に同意
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認

<雑記帳>ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
【裁判員考】制度施行1年(上)起訴〜公判前整理手続き 遅れる書面、審理滞留(産経新聞)
首相、豪外相らと会談(時事通信)
<鳩山首相>ぶら下がり取材 オープン化の考え表明(毎日新聞)
河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
posted by イソ ハルオ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。